ナッツのまめ知識

VOL.91|お家で簡単♪クルミゆべし

写真「ゆべし」という和菓子をご存知でしょうか。
ゆべしは餅米粉に砂糖と柚子を練り込んだもので、源平の時代に保存食として生まれました。江戸時代には徳川幕府への献上の品でもあったそうです。

その中でも東北地方のゆべしは、柚子の代わりに、当時手に入りやすく貴重なタンパク源であった胡桃が使用されているため、「クルミゆべし」と呼ばれています。

黒砂糖やお醤油で味付けした甘じょっぱく優しい甘さに、胡桃の香ばしさが引き立つもちもちした生地の「クルミゆべし」。
実はお家でも簡単に作ることができます。
材料は白玉粉と水、砂糖、醤油、片栗粉、そして胡桃だけ!お好みで味噌やきなこを入れるのもおすすめです。
東北の地に思いをはせて、お家で美味しいお菓子作りはいかがでしょうか。



ページ上部へ