ナッツのまめ知識

VOL.124|アーモンドは快眠フード?

写真 「ひとつかみの量のアーモンドを食べると眠くなってくる」と言われているのをご存知ですか?

アーモンドにはトリプトファンとマグネシウムが含まれています。
食べ物から摂取したトリプトファンは、夜になると睡眠を促すメラトニンに変わります。また、このメラトニンの生成にはマグネシウムが欠かせません。アーモンドは、このトリプトファンもマグネシウムもどちらも含んでいるのです。
さらに、マグネシウムには筋肉を弛緩させる効果があり、神経を落ち着かせてくれるので、目を閉じるとゆったりした気持ちになれると言われています。

アーモンドは自然に眠くなれる”快眠フード”と言えるかもしれません。ナッツを食べることでゆっくり眠ることができたら素敵ですよね。お休み前にひとつかみいかがですか?



VOL.123|クルミは生で食べる?ローストする?

写真 クルミは生で食べますか?それともローストして食べますか?
クルミは食べ方によって、味と栄養価が変わります。

まず、味については食感と香りが変わります。ローストすると、カリッと軽い食感になり、香ばしい香りになります。

続いて、栄養価についてみていきましょう。
ビタミンについては全体的に生の方が豊富です。特に、出血を止めやすくしたり骨を丈夫にしたりする作用のある「ビタミンK」は、ローストに比べて生の方が4倍ほど豊富と言われています。
一方、動脈硬化の予防やシミ予防に期待されている「ポリフェノール」は、生に比べてローストの方が2倍近くも増えるそうです。ひとつかみのクルミで、赤ワイン1杯のポリフェノール量を上回ります。

生で食べてもローストして食べても其々に良いところがあります。日によって変えて楽しんでみてはいかがでしょうか。



VOL.122|7月22日は「ナッツの日」!

写真 「ナッツの日」をご存知ですか?
1996年に日本ナッツ協会が「ナッツ(ナ・ツツ)」の語呂に合わせて、7月22日をナッツの日に制定しました。

「夏にナッツ」「(土用の)鰻も良いけどナッツもね」
と語呂を合わせているほど、ナッツには栄養が豊富であると言われています!

アメリカ大使館農産物貿易事務所(ATO)は、ナッツの美味しさをアピールし、もっと親しんでもらうために、2012年からこの日に「アメリカン・ナッツフェア」というイベントを開催しています。
ナッツを使った料理の試食や、レシピの紹介をしているそうです。

ナッツは栄養バランスが良く、ミネラル分が豊富だと言われています。
古代から、保存食や神に捧げる供物として貴重なものとして扱われていたようです。

これから始まる暑い夏を乗り切るために、栄養豊富なナッツを食べてみませんか?



VOL.121|マカダミアナッツを食べて体内から健康に!

写真 マカダミアナッツに多く含まれるパルミトレイン酸という成分をご存知ですか?
別名オメガ7脂肪酸とも言われています。
オメガ3や、オメガ6という成分の名前はなんとなく聞いたことがある人もいると思いますが、オメガ7という成分も実はあるんです!

そして、そのパルミトレイン酸(オメガ7脂肪酸)という成分は動脈硬化や高血圧などを予防すると言われています。

また、インシュリン分泌を促すため糖尿病対策にも期待されています。


美容マッサージで使うオイルにも使われ、天然の美容液と注目されるマカダミアナッツですが、お肌を綺麗にしてくれるだけではなく、
体の内側から健康にしてくれます。

日々の生活にマカダミアナッツを上手に取り入れて、
体の中から健康になってみませんか?



ページ上部へ